珈琲豆の包装について

当店では「真空包装」と「ガス抜きシール貼付包装」の2通りで珈琲豆を包装しております。

店頭お渡しのお客様には真空包装、ネットからのご注文のご発送分はガス抜きシール貼付包装を基本にしております。

真空包装は完全に空気を抜いて包装するので、長期保存には適しておりますが、珈琲から発生する炭酸ガスによって、袋が膨らみ真空状態ではなくなる場合がございます。(焙煎豆の焙煎度合いや気温などにも影響します)ガス抜きシールは発生する炭酸ガスを袋から放出し、外気は侵入させない構造になっております。

ガス抜きバルブシール説明画像 21.06.23.jpg